4Cとは

4Cとは

4Cとは

GIA(米国宝石学会)が開発した、ダイヤモンドの美しさを客観的に評価するための国際的な指標を4Cといいます。カラット、カラー、クラリティ、カットの4つの頭文字から成っています。この4つのCにそれぞれグレードがあり、その組み合わせでダイヤモンドの美しさや個性を評価しています。

カラット (重さ)

カラットはダイヤモンドの重さを表す単位で、正式にはカラット重量と言い、「ct」とアルファベットで示します。一般的に大きさのことと思われていることもありますが、重さを示しています。1ctは0.2g。1ct未満は100分の1ctを1ポイント(pt)で表します。
下のスライダーを動かすと、カラット(重さ)の目安を見ることができます。

カラー (色)

ダイヤモンドの色は無色からライトイエローやライトブラウンまであり、明度や彩度の組み合わせにより、カラーはDからZまで23段階に評価されます。「無色」のダイヤモンドは最も希少で、多くは「ほぼ無色」でわずかに黄色味または茶色味がかっています。
美しい色が特徴のカラーダイヤモンドの色は、DからZの範囲には無く、異なる価値として評価されます。
下のスライダーを動かすと、グレードによる色の違いを見ることができます。

クラリティ (透明度)

ダイヤモンドは自然の鉱物なので、内部には小さな結晶や細かい線が入っている事があります。また、外部に何らかの特徴を有する場合があります。クラリティはこれらの程度を11段階で評価します。一般的に、SI以上のダイヤモンドに含まれる内包物は、肉眼では確認できない程度です。
鑑定機関により、IFをLC(Loupe Clean)と表記することもあります。
Clarity

カット (輝き)

カットはダイヤモンドの輝きに最も影響を与えます。カットによって作られる角度は、光の反射や屈折を効果的に見せ、ラウンド・ブリリアントカットはダイヤモンドが最も美しく見える形とされています。全体的なバランス(プロポーション)や研磨の仕上がり状態から5段階に評価されます。
Cut

4C鑑定機関と鑑定書
+FTとは
なぜ+FT?
+FT証明書