4C鑑定機関と鑑定書

4C鑑定機関と鑑定書

4C鑑定機関と鑑定書について

お客様が選択されたダイヤモンドの品質を保証するため、ピースダイヤモンドでは0.15ct以上のダイヤモンドに鑑定書をお付けしています。鑑定書を発行する機関は様々な機関がありますが、厳しい基準を用いて鑑定を行っている機関を選別し、鑑定書を提供しています。

GIA(米国宝石学会)

4Cを開発した機関であり、宝石学の教育機関及び世界的な権威でもあるGIA。GIAが行う鑑定は、公平で客観的であると世界中の人々に支持されています。

【GIA鑑定書例】

GIADiamond-Grading-Report

 

【GIAミニ鑑定書例】

GIAmini

HRD (ダイヤモンド・ハイ・カウンシル

HRDはベルギーの4つのダイヤモンド取引所を総括する公益法人及び教育機関として有名です。そのダイヤモンド鑑定部門は公平かつ正確であるとの定評があり、ヨーロッパではGIAより高い権威だとみなされています。

【HRD鑑定書例】

HRDcert

【HRDミニ鑑定書例】

HRDdossier

AGTジェム・ラボラトリー

AGTは日本国内で有数の鑑定機関であり、GIAと提携しGIA基準で鑑定しています。その鑑定評価は厳しく、本家GIAより厳しいとの声もある程。厳正で中立的な立場からの鑑定には定評があります。

【AGTジェムラボラトリー 鑑定書例】

AGT

ADGL(オーストラリア・ダイヤモンド・グレーディング・ラボラトリー)

ADGLはオーストラリアの独立鑑定機関で、オーストラリアジュエラー協会(JAA)に信頼できる鑑定機関として選定されています。ADGLはGIA基準を用い、厳しい鑑定を行っています。

ADGL Cert

ADGL Cert inside

ピースダイヤモンドが提供する0.15ctから0.3ct未満のダイヤモンドには、基本的にADGLの鑑定書をお付けしています。また、PEACE DIAMONDSのレーザー刻印がガードルに刻まれます。
Laser inscribed diamondPhoto: John Mann, Diamond Macro Photography

+FTとは
なぜ+FT?
+FT証明書