なぜ+FT?

なぜ+FT

お客様がダイヤモンドを選ぶ時に、採掘やカットに関する情報を入手できることは、安心してダイヤモンドを購入する上で当然の権利であるとピースダイヤモンドは考えているからです。

ダイヤモンドを産出・カット・研磨する場では、人権侵害や環境破壊が起こっていることがあります。また、ダイヤモンドを売った資金が紛争の資金源になっているケースもあります。
紛争の資金源となるダイヤモンド原石の流通を予防するため、キンバリープロセスという認証制度が設立されましたが、同制度はきちんと機能しているとは言い難い状態です。詳細は、「キンバリープロセスに対するピースダイヤモンドの見解」をご覧ください。

すべてのダイヤモンドが上のような問題に関与しているわけではありませんが、問題を抱えたダイヤモンドとそうでないダイヤモンドが混ざった上で流通している現状のバリューチェーンが好ましくない、とピースダイヤモンドは考えています。

【通常のダイヤモンドのバリューチェーン(例)*】

ダイヤモンドのバリューチェーン

通常のダイヤモンドは、採掘・カットされた後、ベルギー・イスラエル・ニューヨーク等の大きなダイヤモンド市場に集められます。そこでダイヤモンドが混ざりあい、4C基準により分類されます。その過程で、鉱山やカット工場の情報が失われるのです。
*上の図は通常のバリューチェーンを簡素化した図です。図より多くの人や企業が、実際のバリューチェーンには入っていることがあります。

【ピースダイヤモンドのバリューチェーン】

ピースダイヤモンドは、通常のバリューチェーンではなく、独自のルートを開拓しました。それにより、どこで採掘されどこでカットされたのか等、+FT情報を持つダイヤモンドのみを扱うことができるのです。

ピースダイヤモンドのバリューチェーン

+FT証明書
ダイヤモンドを見る
ダイヤモンド鉱山について知る
カット・研磨工場について知る