blog

社会的インパクト投資カンファレンスSOCAPにGO!

インパクト投資の国際カンファレンスSOCAP。
SOCAPはSocial Capital Marketsの略で「お金と意義が関わる交差点」として、社会的インパクトを生み出す事業を行っている起業家と投資家達が集まり、様々なトピックについてのセッションや議論を行う場。毎年サンフランシスコで開催されています。

欧米ではインパクト投資が大きな流れになりつつあるようです。日本ではまだこれからですが、G8が日本政府に社会的インパクト投資に取り組むよう進言したことから、今後流れが加速して行くと推測できます。

私は、2013年にSOCAP公式社会起業家枠で選んで頂き参加したことから、SOCAPとのご縁ができました。

8月7日夜、目黒のHub Tokyoで、今年SOCAPに参加する人達と過去参加した人達の懇親会。
2013年に参加したメンバーが中心だったので、懐かしさと同時に、熱いパッションを持って日々を過ごしていらっしゃるみなさんから、刺激を頂きました。

SOCAP15

過去参加者と今年参加者のまぜこぜセッションでは、SOCAPに行った目的とそれが達成されたかどうか、SOCAPに行くまでに準備しておくべきことは?について、語り合いました。

私がSOCAPに参加した理由は、ご縁があった&自分のビジネスアイディアが海外でどこまで通用するか知りたかったから。
結論から言うと、日本より欧米の方が受けがいいということがわかりました。

Castalia山脇さんの国際会議でプレゼンターと仲良くなる方法は、なるほど!
数多くの国際会議に参加した経験に基づいているので実証済。気になる方はSOCAPに参加して、山脇さんに直接聞いてみてくださいね(*^^*) 

SOCAP15

 

みんなが口を揃えて言ったのは、現地の独特の空気感。サンフランシスコの空気や文化に、世界中から集まる人々のエネルギー。
何と表現したらいいのかわからないですが、心地よい独特な空気感なんです。

SOCAP日本代表チームへの参加は、現在2次募集中!
既に20名程度の参加が決まっているので、大所帯ですね。
チームに参加するメリットは、毎晩、その日に聞いたこと、会った人、考えたことをチームメンバーと共有できること。考えが深まったり、刺激になったり、コラボも生まれるかも。

今年Hub Tokyoで日本代表チームを取りまとめる山口さん、爽やかな風貌ですが、とっても熱い人です。

SOCAP15

2013年にSOCAPに参加した時は、証券マンでしたが、社会的インパクト投資に目覚め退職し、Hub Tokyoに転職。

転職時には、こんな会話があったとかなかったとか。
「そんな(聞いたことがない)企業にやるために、お前をいい学校にやったんじゃない!」
「こんなつまらない人生を送るために、いい学校に行ったんじゃない!」

こういう人が日本の社会的インパクト投資の未来を創っていくのだと、私は勝手に信じています!

SOCAP、参加応募は今月16日が〆切です。
ピンと来た方はこのページをご覧くださいね。
その向こうの未来を見に!
http://www.socap15.impacthub.tokyo/

 

「バッグ&小物業界*トレンドセミナー」参加レポ

こんにちは。村上です。夏だ、暑い!ですね。

ピースダイヤモンドに関わる人をご紹介するPD Person。Chie Kawasaki
第1回はピースダイヤモンドのお客様、川崎智枝さんです。
Bag Number編集長の川崎智枝さんがセミナーをされるというので、お邪魔してきました!

2015年8月7日、銀座のTIME & EFFORTにて。

TIME & EFFORTは、一般社団法人日本皮革産業連合会が、日本の皮革及び皮革製品の振興を目的として運営するショールームで、様々なスタイル・コンセプトの皮革製品を購入することができます。また、セミナーやワークショップも時々開催されている面白いところです。

直訳するとTIMEは時、EFFORTは努力という意味から、「手間ひまかけて丹念に作り上げる」日本の職人のものづくりへの姿勢・精神を表しているそうです。
素敵なネーミングですね♪ 

いざセミナーへ!
IMG_2490

お話されたのは、川崎智枝さん(写真右)と鈴木清之さん(写真左)。

消費者の価値観の変化

まず鈴木さんから、バッグに関する価値観の変化や雑誌から読み取る秋冬シーズンの傾向のお話。

過去の価値観 最近の価値観
1)     色をそろえる 色、素材をそろえない
2)     テイストをあわせる あえてテイストを外す。テイストをぶつける。
3)     モード シンプル&ふつう
4)     キメキメなスタイル 抜け感、こなれ感、ダサ感
5)     一点豪華主義 スタイリングに合わせる
6)     差し色づかい なじませカラー
7)     重厚感、高級感、黒 軽量感、機能性、ネイビー
8)     A4サイズ必須 小ぶり、小さめ書類はいれないヨ。
9)  ほどほどサイズ でかリュック、でかトート
10) 甘め、モテ系 ユニセックス、ベーシック。がんばってる感がない方がモテ系に。

確かに~。バッグだけではなく、ファッション全体に当てはまるなあと思いました。洋服を売っているショップも、いつの頃からかナチュラル系のお店がどんどん増えてますし。

「過去の価値観」はある意味、誰でもできる初心者編だったのかなと思います。

「最近の価値観」の『あえてテイストを外す、ぶつける』『抜け感、こなれ感、ダサ感』というのは、上級者編に聞こえます。一歩間違えるとただのダサイ人になっちゃうので、センスが問われますね。簡単ではない!

ピースダイヤモンドのジュエリーは流行を追いかけてはおらず、長く使って頂けるものをという思いから「シンプル」を重視していますが、最近の価値観の中に入っていてよかった♪

2015上半期 バッグ売れ筋ランキング

つづいて川崎さんから、上半期売れ筋ランキングの発表がありました。

ランキング コメント
1位:リュック 女性が大きなリュックを持つ。
2way, 3wayで使える機能性が高いものが定番化。
2位:巾着フォルム ロングスパンで浸透中。
70年代のレトロ感、バケツ型にも注目。
3位:ミニブガッティ、ミニボストン 肩にかけず、あえて手持ちする。
今後もっと小さくなるかも。
4位:White & Black 真っ白または真っ黒。
白で軽量感を演出。
5位:きゃしゃトート、リバーシブルトート(メンズ) 男性がレディース寄りのフェミニントートを持つ。様々なシーンで活用できるバッグ。
6位:デニムアレンジ 70年代の流れ
7位:PVC、ナイロン素材 バリエーション拡大中。
加工法・付属革にこだわりがあるもの多し。
8位:ロゴ入りトート 白・生成りのもの。
抜け感・こなれ感の演出。
Adidasの古いロゴなど、レトロロゴが新鮮。
9位:ナップサック 70年代風。
10位:メンズでかクラッチ on, offどちらにも使える。

2015aw注目キーワード

川崎さんと鈴木さんのおふたりから、これからの季節、2015年秋冬のキーワードとして、「ボリューム感」「70年代」「ボヘミアン」「ゆるxカチ」「アクセサリーバッグ」「カーキスタイリング」があがりました。

バッグは1) 大型化、2) 小型化のどちらかに分類されるようです。

小型化する例は、ミニブガッティやミニボストンですが、どんどん小さくなり、アクセサリー感覚で身に着ける人が増えそうとのこと。携帯と電子マネーがあれば何とかなる時代を反映していますね!

「ゆるxカチ」バランスにも注目!
ふわっとした服にカチっとしたバッグを合わせるのがトレンドになりつつあるそう。
ふわっとした服は、コートのようなカーディガンのような「コーディガン」なるものが出現しているそうです(驚)。

写真:TIME&EFFORTで取り扱っている注目バッグを説明する鈴木氏。
IMG_2495

まとめ

2015秋冬シーズン傾向のまとめです!

1) 抜け感、こなれ感
がんばらない感じ、軽く見せる感じに。

2) 70年代のアイテム、バランス感:
軽い、小さい、なつかしい感

3) 男前な女子、女々しい男子
大きいバッグをかつぐ女子とフェミニンバッグを持つ男子

4) なじませカラー、グラデーション

5) 小ぶり、小さめ

さいごに

バッグ系のトレンドセミナーには初めて参加しましたが、トレンドが世相を反映していて興味深かったです。 

川崎さんと鈴木さんの掛け合いも最高!
個人的には、鈴木さんのかわいらしい話し方がツボでした。
男前な女子x女々しい男子で、正にトレンドを映し出すコンビですね!
次回も楽しみにしています。

marriage rings川崎さんがご購入されたピースダイヤモンドのジュエリー

セミオーダーマリッジリング
ダイヤモンド鉱山・スタイル・フィニッシュ等をお選び頂ける結婚指輪です。

Bag NumberについてBagNumber

川崎智枝さんが編集長を務めるウェブマガジンBag Numberでは、バッグに関する様々な情報を発信しています。ストリートウォッチング、ランキング、注目のショップやブランドなど。ぜひご覧ください!

ブログを始めます!

こんにちは。

突然ですが、ピースダイヤモンドではブログを始めることにしました!

ピースダイヤモンドに関わる人々(お客さま、応援してくださっている方々など)や、エシカルファッション、ソーシャルビジネス等についてとりあげていく予定です。

どうぞお楽しみに!