結婚指輪の意味

結婚指輪の起源

結婚指輪の起源は婚約指輪に比べると遅く、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世が初めて結婚指輪を結婚の証としたのが始まりです。また1027年にはミュールの『ローマの結婚指輪の起源』に、「そこでは、花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に鉄の指輪を交換している」と記録があります。13世紀頃制作された結婚に関する木版画や法律書の挿絵に結婚指輪を交換する様子が描かれていることから、結婚指輪を交換する風習が広まったことがうかがえます。 

結婚指輪の意味

結婚式で花嫁花婿が結婚指輪を交換するのは、夫婦としての誓いを形に表したもの。結婚指輪は毎日身に着けるためシンプルなデザインが多く、その形から丸い結婚指輪は「永遠に途切れることのない愛情」を象徴するものとされています。日々身に着けることで相手の存在を強く感じ、夫婦の絆を深め、永遠に愛が続くようにと願いが込められています。