婚約指輪用ダイヤモンドの選び方

婚約指輪用ダイヤモンドの選び方

婚約指輪用のダイヤモンドってどう選べばいい?
このページでは、人によって異なる価値観にあわせた婚約指輪用ダイヤモンドの選び方をお伝えします。

これからのダイヤモンドの品質=4C+FTDiamond_sideview

最愛の人に贈る婚約指輪だから、採掘された過程・カットされた過程も美しいダイヤモンドを。
【表】美しさの基準=4C
【裏】倫理性の基準=FT
ダイヤモンドの価値=美しさ(4C) + 倫理性(FT)

婚約指輪のための4Cガイド

ダイヤモンドの美しさは、4Cで判定されます(くわしくはこちら)。

4C Carat カラット(重さ)
Color カラー(色)
Clarity クラリティ(透明度)
Cut カット(輝き)

婚約指輪のダイヤモンドに求めることは、人によってさまざまで正解はありません。
まず、何にこだわりたいかを検討しましょう。

例えば、以下が考えられます。
A: 大きさとコストパフォーマンスにこだわる
B: 大きさと美しさとコストパフォーマンスにこだわる
C: 美しさにこだわる

A: 大きさとコストパフォーマンスにこだわる

「予算の中で、一番大きいダイヤモンドにしたい!」場合、カラーをG/H、クラリティをSI、カットをVGからGの範囲にすると、より大きなダイヤモンドを選択することができます。
大きさ重視

B: 大きさと美しさとコストパフォーマンスにこだわる

「予算の中で、できる限り大きく、できる限り美しいダイヤがよい」場合、カラーはE/F、クラリティをSI、カットをVG程度にすると、ご予算、大きさ、美しさのバランスがとれたダイヤモンドを選ぶことができます。
大きさと美しさ重視

C: 美しさにこだわる

「大きさより、美しさにこだわりたい!」場合、カラーはE/F、クラリティをVS以上、カットをEXにすると、より美しく輝くダイヤモンドを選ぶことができます。
美しさ重視

条件による価格の違い

婚約指輪で選ばれることが多いカラットは、0.2ctから0.3ct。
例として0.24ctのダイヤモンドを選ぶ場合、上の条件で価格がどう変わるかをお伝えします。

下はすべて、
F(フェアネス):ランク5★★★★★
T(トレーサビリティ):アーガイル鉱山(オーストラリア)、バルサードのカット工場(インド)
のダイヤモンドの場合です。

カラット こだわり条件 情報、価格
0.244ct A. 大きさとコスパ カラーG/H, クラリティSI, カットVG
106,462円(税込)
0.244ct B. 大きさと美しさとコスパ カラーE/F, クラリティSI, カットVG
125,436円(税込)
0.241ct C. 美しさ カラーE/F, クラリティVS, カットEX/VG
143,675円(税込)

婚約指輪のための+FTガイド

大切な人のために選ぶダイヤモンド。
だからこそ、「安心・安全なものを選びたい」と思いませんか?

採掘やカットに関する情報を入手できることは、安心してダイヤモンドを購入する上でお客様の当然の権利であるとピースダイヤモンドは考えています。

ダイヤモンドを産出・カット・研磨する場では、人権侵害や環境破壊が起こっていることがあります。また、ダイヤモンドを売った資金が紛争の資金源になっているケースもあります。しかし、ダイヤモンドの倫理性に関する国際的な基準は存在しません。そのため、当社は「+FT基準」を独自に考案しました。

F: フェアネス「採掘された鉱山及びカットされた工場の操業に関する倫理性」、
T: トレーサビリティ「ダイヤモンドが採掘された鉱山及びカットされた工場を明らかにすること」を示しています。

愛する人に贈るダイヤモンドの+FT

F: フェアネス(倫理性)
ピースダイヤモンドでは、F(フェアネス:倫理性)を下の6段階に分類しています。
婚約指輪のダイヤモンドには、鉱山とカット工場両方の操業が倫理的であると認証された5つ星ランクが最も安心・安全です。

【フェアネス(倫理性)のランキング】

ランク

内容

5 ★★★★★ 第三者機関により、鉱山及びカット工場の操業が倫理的であると認証されている。
4 ★★★★ 鉱山またはカット工場のどちらか片方が、倫理的であると第三者機関に認証されている。もう片方は、操業の情報を文書で公開しており、紛争の資金源や人権侵害・環境破壊がないことを確認できる。
3 ★★★ 鉱山及びカット工場の操業の両方の情報が文書で公開されており、紛争の資金源や人権侵害・環境破壊がないことを確認できる。
2 ★★ 鉱山またはカット工場のどちらか片方が、第三者機関に認証されている。もう片方からは、操業の情報を口頭や訪問で得ることができ、紛争の資金源や人権侵害・環境破壊がないことを確認できる。
1 ★ 紛争の資金源にならず、人権侵害がほとんどない地域で採掘及びカットされている。操業に関する情報は、鉱山・カット工場共に口頭や訪問で入手可能である。
ゼロ 採掘及びカットの操業に関する情報を入手できない。(当社では取り扱っておりません)。

T: トレーサビリティ(追跡可能性)
トレーサビリティは、鉱山やカットされた工場を明らかにすることです。トレーサビリティがあって初めてフェアネスの審査が可能になります。

婚約指輪のダイヤモンドには、トレーサビリティのある、どこから来たのか明確にわかるダイヤモンドが安心です。

トレーサビリティがあるダイヤモンド 採掘された鉱山、カットされた工場が明らかである。
トレーサビリティのないダイヤモンド どこで採掘されカットされたのか、追跡できない。

もっと知りたい方へ

紛争の資金源となるダイヤモンド原石の流通を予防するため、キンバリープロセスという認証制度が設立されましたが、同制度はきちんと機能しているとは言い難い状態です。また、キンバリープロセスは、児童労働・人権侵害等、ダイヤモンドにまつわる他の課題には一切関知しない制度です。詳細は、「ダイヤモンドをいつか購入するなら知っておきたい、キンバリープロセスに関する真実」をご覧ください。