「美容業界で働いたことがなかったからこそ実現できた『等身大』という価値」

レイテノール土橋奈津子オーナーインタビュー

2016年1月11日、ピースダイヤモンドジュエリーを、神奈川県藤沢駅そばのエステサロン『レイテノール』で販売開始しました。

レイテノールはローンを組まされることがなく、価格も良心的、結果にこだわるメディカルエステ。土橋奈津子オーナー(以下、敬称略)の想いをインタビューして参りましたので、お届けします♪

村上:レイテノールをオープンするまでの経緯を教えて頂けますか?
土橋:私、美容業界の出身ではないんです。2人の子どもを抱えてシングルマザーになり、子育てや仕事に奮闘していました。当時は肌のことなんて気にする余裕もなかったんです。

ある時ふと自分の顔のシミがきたないって思って。仲のよい友人とお互いに「きたないよね」って言い合っていました(笑)。

子育てが少し落ち着いたので、エステサロンに行ってみたり、様々な化粧品を使い始めたんです。私、凝り性なので、TV通販で販売されている化粧品等、ありとあらゆるものを試しました。

40歳くらいで、肌がたるみ始めてびっくり!
さらに色々試した後、ラジオ派がたるみに良いことに気付いたのです。

それで、友人とお金を出し合ってラジオ派のマシンを買いました。施術をし続けたら、友人も自分も肌の状態がよくなったんです!当時はまだ自宅で施術していたのですが、友人の友人が施術を受けにくるようになりました。

たるみがましになったら、今度は自分の肌がさらに気になってきました。それまで、ありとあらゆる化粧品を試した私ですが、巷でいわれる「よい化粧品」を使ってもしっとりする程度で、キレイにはならなかったんです。そんな時に参加した展示会で出逢ったのが、ドクターリセラ。化粧品だけでなく、会社の理念やポリシーに共感したこともあり、使い始めました。

ドクターリセラを使い始めると、肌が浄化されるような感覚がありました。今まで使っていた化粧品に含まれていた石油系のものが抜けていき、キレイな水に入れ替わっていくような感覚です。自分でも驚いたのですが、くすみがとれて、肌が柔らかくなっていきました。

施術やドクターリセラの化粧品の使用を続けているうち、「自分の悩み=他の女性の悩み」ということに気付いたんです。特に、肌の悩みを親身になって相談にのってくれるところが、周りにありませんでした。私がお客さんだから相手してくれているんだろうな、というような対応のところばかりだったのです。

凝り性な私は、何が本当なのかを見抜くため、勉強にのめりこんでいきました。勉強すればする程、余計なものを入れないドクターリセラがベストだと確信を持つようになりました。最終的にエステサロンを開こうという結論に辿りつき、資格も取ったのです。

レイテノール土橋奈津子氏

村上:私も客として通っていますが、こんなに良心的なエステサロンは他に無いのでは、と思うくらい良心的でびっくりします。エステサロンに行くと、すごい営業されるんじゃないか?高額なローンを組まされるんじゃないか?と怖くて、どこにも行けなかったんですよね。
土橋:大手のエステで働いたことがなく、等身大でできるのが逆によかったのかな?ここに来て汚くなる人はいないので、笑顔に囲まれることができる素晴らしいお仕事です。お客様がキレイになると私も嬉しく、「ありがとう」という気持ちになります。

村上:今後の目標や展望などをお聞かせ頂けますか?
土橋:「等身大でやる」というスタンスを守っていきたいですし、女性が相談できる場であり続けたいです。売ろうとするとお客様は敏感に察知しますので、お客様を裏切らず誠実でいることを忘れないように心掛けたいと思っています。

サロンというのは、本来、社交の場という意味がありますから、美容の社交の場として、みんなでキレイになるための場であり続けたいですね。

村上:ありがとうございました。

—————

最近は、埼玉県や茨城県からもお客様がいらっしゃるというレイテノール。土橋オーナーやスタッフのみなさんの誠実な姿勢が、多くの人々を惹きつけているのだと思います。

良心的で結果にこだわるエステサロンをお探しの方は、一度行ってみてくださいね!

土橋オーナーが自らの身体を使って実験した症例は必見です。

レイテノール写真1

レイテノール http://raytenor.jp/